歯科用CT診断装置 | 高円寺の歯科 | カクデンタルクリニック

歯科用CT診断装置

歯科用CT診断装置とは?

ct_01

歯科用CT診断装置は、非常に鮮明な画像を撮影する事が出来、今までのレントゲン撮影だけでは確認する事が出来なかった立体的な情報を得る事が出来るため、初診患者様の歯牙・歯槽骨の現状の把握や歯槽骨内に埋伏(埋もれて生えてこない)した歯牙の状態や方向を確認する事が可能となります。
この事はより正確で安全な治療計画を立案実行出来る事を意味します。
もちろん、治療途中の再確認等、歯科用CT診断装置の有用性は無限大です。

安心して治療を受けていただけます

安全な治療を行うためのCT診断

歯科治療において最も需要なことは、正確な診断を行うことです。
患者様に安心して治療を受けて頂くためには、お一人お一人の歯や 骨の状態を正確に把握して的確な診断を行う必要がございます。
より安全で確実な治療を行うために、CT (Computed Tomography)撮影による診断が不可欠と考えております。

安全な治療を行うためのCT診断

矯正治療開始前の診断の際はもちろんの事、治療中の歯牙移動の確認、親知らずの位置確認、歯根の状態など多方面から歯牙・顎骨の現状を正確に確認できます。
ただし、CT撮影は医科用CTよりもはるかに少ないとはいえ放射線が照射されますので、撮影は必要な患者様のみに行わせていただくよう心がけております。

正確な診査・診断により確実な治療を実現

レントゲン(パノラマレントゲン)との違い

当クリニックで治療を受けられる患者様から「他の歯科医院ではパノラマレントゲンだけでも大丈夫だと言われたことがありますが、CTは本当に必要なの?」
というご質問を受けることがございます。

もちろん保険で撮影する2次元的なパノラマレントゲン写真でも診断は可能です。
しかし、部位によってはパノラマレントゲンでは骨の厚みや神経の位置を正確にとらえることができないことがございます。

より安全な治療を受けていただくためにはCTによる3次元的診断が必要であると考えております。

被爆線量の少ない診断装置

ct_04

歯科用CT診断装置は、従来の歯科用レントゲンと比べると、被爆線量が格段に少なくてすみます。
歯科用CT診断装置の最大のメリットは、少ない被爆線量で鮮明な画像が得られることです。
従来のレントゲン撮影法よりも最大1/10 の線量でクリアな画質なのです。
また、フィルム装填・現像の手間が必要ないので、患者様のストレスも軽減されます。

安全でストレスの少ない診断装置です

無料相談はこちら