インプラントとは?

人工歯根療法ともいわれ、歯の抜けた部分の顎の骨にインプラント(人工歯根)を入れて支柱とし、その上に支台部(アバットメント)と人工の歯をしっかりと固定する治療法です。

インプラントは生体との親和性が高いチタンという金属で造られています。チタンは長年の基礎的、臨床的研究からインプラントの材料として最適であり、また顎の骨としっかり結合することが確認されています。インプラントが顎の骨としっかりと結合すれば、その上には取り外す必要のない丈夫で安定した歯を作る事ができます。
インプラントは、人工歯根の部分と、その上のかぶせる部分は別々になっています。

implant_01

インプラント治療で使用する材料

* インプラント
* 仮歯
* アバットメント
* 上部構造

安全で美しいインプラント治療「カムログインプラント」

implant_camlog

数あるインプラントシステムの中で当院では、カムログインプラントを採用しています。
カムログインプラントはヨーロッパを中心にシェアを拡大し、現在は世界約30カ国以上で利用されている、世界の歯科医師から信頼をされているインプラントメーカーです。

カムログインプラントの特徴は
1.ネジの構造が緩みにくい形態で、上部構造が緩みにくく安定している
2.高品質なチタン素材を利用しているので体に優しい
3.歯肉を大きく切開しないフラップレス手術なので患者さまの負担が少ない
4.インプラントがしっかりと固定されるのでフィット感が良い
5.他メーカーのコピー商品ではないので安心
があげられ、安心してインプラント治療を受けていただくことが可能です。

今、なぜインプラントか?

implant_04

キレイナな天然の両隣の歯を削ってブリッジをしない為もありますが、それだけではなく本当に重要なのは残された自分の歯を長持ちさせる為です。

特に最後部の1、2本奥歯がなくなって放って置くと前歯に負担がかかり、歯が移動してぐらつき、出っ歯やすきっ歯になります。また、中間欠損を放置すると両隣や抜けた歯と噛んでいた歯が移動してかみ合わせが変わるとぐらついて痛くなります。
また、少しでもぐらつきのある歯に維持をもとめてブリッジや入れ歯を作ってもわずかな期間で歯がだめになってしまいます。

つまり、ブリッジや入れ歯による天然歯の過重負担量を単独型のインプラントによって支えさせて、本来の1本1本の歯の寿命をまっとうさせる為には、インプラントが最善とされています。

無料相談はこちら