インプラントの平均寿命は?

インプラントの平均寿命

インプラントは第2の永久歯とも言われているほど寿命の長い治療方法です。

チタン素材が利用されており、摩耗や損傷が少ない素材ですので、半永久的に使えると言われています。

インプラントの治療後、10年経過後の残存率は9割を超えています。

これは、ブリッジやセラミックを用いた治療方法の平均寿命より長く、インプラントの性能もさらによくなっています。

しかし、メンテナンスの方法により寿命は大きく変わってくることもあります。

インプラントの保証制度

インプラントは様々なメーカーがあり、当院では、世界の歯科医師から信頼をされているインプラントメーカーである「カムログインプラント」を採用しています。

各メーカーや医療機関により保証制度が利用することが可能です。

当院では安心してインプラント治療を行っていただくために、術後5年間に発生してしまった再生、修理に必要な費用を当院が負担する制度を整えています。

インプラントの寿命を延ばすために

定期的な歯科医院でのメンテナンスや、歯磨きなど日々の自宅でのメンテナンスを怠るとインプラント周囲炎を引きここしてしまう可能性もあります。

インプラント周囲炎が進行してしまうと他の歯が炎症を起こしてしまったり、全身疾患を引き起こしてしまう可能性もあります。

寿命が長いからといって放置せずにお口の中を清潔に保つようにしましょう。

また、歯や、歯茎などに異変を感じたら早めに受診を行いましょう。

無料相談はこちら