インプラントの症例 - 出来るだけ自分の歯を削りたくない。

インプラント症例3 - 50代女性 - 左上2番

治療前後の症例写真

BEFORE

AFTER

インプラント治療に関する情報

年代
50代
性別
女性
治療期間
4か月
治療部位
左上2番
患者様ご要望
出来るだけ自分の歯を削りたくない。
治療計画
欠損の隣の歯はご自分の天然歯なのでインプラント治療を計画しました。
患者様の感想
短期間で簡単に治療できて満足されました。

インプラント治療のその他症例

インプラント症例1

インプラント症例1

60代男性のインプラント治療。
奥歯の治療

インプラント症例2

インプラント症例2

40代女性のインプラント治療。
出来るだけ自分の歯を削らずに治してほしい。

インプラント症例4

インプラント症例4

50代女性のインプラント治療。
ブリッジを行い歯が折れたので、インプラント希望

インプラント症例5

インプラント症例5

50代男性のインプラント治療。
インプラント治療希望

インプラント症例6

インプラント症例6

20代男性のインプラント治療。
前歯の治療相談

インプラント症例7

インプラント症例7

30代女性のインプラント治療。
キレイナ歯を削ってブリッジをしたくない。インプラント治療希望。

診療案内

インプラントは生体との親和性が高いチタンという金属で造られています。チタンは長年の基礎的、臨床的研究からインプラントの材料として最適であり、また顎の骨としっかり結合することが確認されています。インプラントが顎の骨としっかりと結合すれば、その上には取り外す必要のない丈夫で安定した歯を作る事ができます。

当院でのインプラント治療では、患者様のお口の状態に合わせて、最適な治療法を選んでいただいております。 骨幅が不足している患者様にはGBR(骨造成法)という治療法を用いたり、インプラントの種類などを選んでいただいております。

症例TOPに戻る
無料相談はこちら