歯の黄ばみについて

歯の黄ばみの原因は、生まれつきや加齢が原因の場合もありますが大半の原因は歯についた歯垢や汚れ、タバコのヤニが原因がです。

紅茶、ウーロン茶、緑茶などのお茶類や、コーヒー、赤ワインなどに含まれるポリフェノールを摂取することで、ポリフェノールがステインになったり、カテキンなどの成分として歯に付着し黄ばみになります。
喫煙者の場合は、タバコのヤニが付着することで黄ばみの原因となります。

歯に付着する色素は、湯呑に付く茶渋と同じで簡単には落とすことが出来ず、歯磨きだけでは元に戻ることは難しくなってしまいます。

定期的にクリーニングを行うか、ホワイトニングを行うことが必要になります。

また、虫歯が原因で黄ばんでしまうこともあります。
虫歯は、黄色から茶色、黒色への段階的に色が変化しますので、初期状態の虫歯のケースもあります。

その他にも薬が原因するものなどもありますので、気になった方は受診することとおススメしいます。

無料相談はこちら