アレルギーでもインプラントはできる?

金属アレルギーとインプラント

インプラント治療を行う際に、金属アレルギーの心配をされる方もいます。

インプラント治療では、歯の支柱となる顎の骨に埋め込むインプラント体(人工歯根)とその上にアバットメントと呼ばれる人口の歯を固定するための支台部に金属が使用されています。

しかしインプラント治療に使用される金属は生体との親和性が高いチタンという金属で造られており、さらに当院が採用しているインプラントメーカーでは高品質なチタン素材を利用しております。

チタンという金属はアレルギーを非常に起こしにくい物質で、厚労省で認可されている唯一の金属になります。

金属アレルギーが起こる理由

銀歯などの歯の治療に用いられた金属がイオン化し、体内のたんぱく質と結合してしまうことがあります。

その際に体内の免疫システムが反応してイオン化した金属を排除しようと過敏に働いてしまうことが金属アレルギーのメカニズムです。

口の中から以外でも汗と金属が繰り返し接することで金属がイオン化されて体内に吸収されることもあります。

また、過去に症状が見られなかった方でも突然、発症してしまうケースも見られます。

体に優しいチタン素材

チタンは、インプラント治療以外にも多くの医療現場で利用されています。

ペースメーカーや人工関節にも利用されており、骨と結合する性質や、空気に触れた際に酸化チタンという膜ができて金属イオンが溶け出さないという性質もあるのです。

ですので、アレルギー反応を起こしにくい金属とされています。

しかし、ごく稀にチタンに対して金属アレルギーを引き起こしてしまう方もいますので、気になる方は属アレルギーの有無を調べるパッチテストを行うと安心に治療をお受けいただけます。

無料相談はこちら